健康科学部 こども健康・教育学科

HOME学部・学科紹介 >健康科学部 こども健康・教育学科

こども × 健康

 現在の児童福祉施設や学校では、こどもの健やかな育ちをトータルに捉えて思考し、実践できる資質が求められています。
 こども健康・教育学科では、乳幼児から青少年に至るまでのこどもの発達や保育・教育について総合的に学習します。
 授業では、幼児期、児童期、少年期、青少年期の発達や保育・教育を学びながら、幼稚園・保育園から小学校、小学校から中学校という学校間のつながりにも配慮し、教育現場で課題となっている学校間の接続や連携に対応できる力を養成。
 さらに、健康スポーツ科学科と連動して体育の知識、栄養科学科と連動して食育の知識を身につけ、教師としての「強み」も習得。
 附属幼稚園をはじめ近隣の保育所、小学校、児童センターなどで実習やボランティアの機会も豊富。
 一人ひとりのこどもの健やかな成長をサポートできる、人間性豊かな指導者をめざして、体育や食育の専門知識を身につけることにより、こども目線でこどもの成長・発達を総合的に指導できる教育者を育成します。

進路に合わせて選べる2コースを設置

 こどもの発達・教育に関する幅広い領域を学べるコース制を導入。保育士・幼稚園教諭・小学校教諭・中学校教諭(保健体育)をめざすあなたを応援します。

  • 保育・初等教育コース
     保育士、幼稚園や小学校の先生をめざす人のためのコース。
     保育士、幼稚園・小学校教諭を視野に入れて、乳幼児期から児童期におけるこどもの健全な発育・発達について学びます。

  • 初等・中等教育コース
     小学校の先生、中学校の保健体育の先生をめざす人のためのコース。
     小学校・中学校教諭を視野に入れて、児童期から青年期におけるこどもの健全な発育・発達について学びます。

こども健康・教育学科のポイント

  • 体育に強い小学校の先生を養成
  • キャンパス内にある附属幼稚園と連携し、充実した実習環境で実践力を育成
  • こどもの「こころ」と「からだ」の健やかな成長・発達について学習
  • 乳幼児から青少年へと育っていくプロセスを総合的に学習
  • 一人ひとりのこどもの健やかな成長をこども目線でサポートできる、人間性豊かな教育者を養成

取得可能な資格[受験資格含む]

  • 保育士
  • 幼稚園教諭1種免許状
  • 小学校教諭1種免許状
  • 中学校教諭1種免許状
  • キャンプインストラクター

さらに詳しく知りたい人は資格のページ

就職決定率100% (2017年3月実績)

想定される進路

こどもの成長を科学的に追究した教育を実践

 保育園・児童養護施設などの児童福祉施設、幼稚園・小学校などの教育機関

こどもの発達段階で幅広いサポートを実践

 地域子育てセンター、こどもに関するNPO団体等、乳児院などの幼児・児童福祉施設

保育・教育現場のニーズや課題に応える

 教育出版社・育児製品メーカー・育児サービス業などの保育・教育関連企業

こどもについての専門的知識をより深く追求

 大学院への進学など


さらに詳しく知りたい人は進路のページ