奨学金制度

HOME保護者の皆様へ >奨学金制度

本学では、人間性と課外活動や学力などの成績に優れ、今後もその能力向上が見込まれる学生とその家族の負担を軽減するため、独自の奨学金制度を設けるとともに、地方自治体や民間団体の各種奨学金制度を取り扱っています。
奨学金制度には以下の2種類があり、その選考方法や基準、金額、返済方法(利子の有無)などは制度によって異なります。

◆ 給付型・・・返還義務がない

◆ 貸与型・・・卒業後所定の期間内に返還義務がある

修学支援奨学金制度(給付型)

経済的理由により学業の継続が困難な学生(編入学生を含み、専攻科生、大学院生、社会人入学生及び外国人留学生は除く)の就学を奨励するための奨学金制度です。家庭の経済状況および学業成績等を勘案して選考されます。
詳しくは、学務課までお問い合わせください。

修学支援奨学金制度(貸与型)

最高学年に在籍している学生で、学費不足のため修学の継続が困難になった学生(専攻科生、大学院生、社会人入学生及び外国人留学生は除く)に対して、学費を無利子で貸与し、卒業を支援することを目的として行っています。貸与額は、半期ごとに授業料と教育充実費を合計した額がベースとなります。
なお、奨学金の返還は、卒業後5年を期限としています。申し込み手続きは、学務課にて行っています。

スポーツ奨学特待生制度(給付型)

特定のクラブ生を対象にしたスポーツ奨学特待生制度を制定しています。運動能力ならびに競技成績が特に優れ、今後もその能力向上が見込まれる学生に対し、特待生として奨学金を付与することにより、競技成績の向上を図っています。

学業奨学特待生制度(給付型)

心身ともに健康であり、人物・学力ともに抜群に優秀である者、または、優れた能力あるいは特技を有する学生に対して、特待生として奨学金を給付しています。

夢・チャレンジ奨励金(給付型)

学芸、スポーツ、地域貢献等の様々な分野で、将来に向けて目標を明確に持ち、その夢の実現をめざしてチャレンジしようとする学生及びその団体を対象に奨励金を支給します。

教育ローン利子補給奨学金(給付型)

本学が提携する信販会社の教育ローンを利用し、学納金を完納した学生を対象に教育ローンに係る利子の内、当該年度における利子支払い相当額の全部または一部を奨学金として給付します。

日本学生支援機構奨学金(貸与型)

1.日本学生支援機構奨学金

独立行政法人日本学生支援機構は、我が国の大学等において学ぶ学生等に対する適切な修学の環境を整備し、次代の社会を担う豊かな人間性を備えた創造的な人材の育成に資するとともに、国際相互理解の増進に寄与することを目的としています。この奨学金は、経済的理由により修学に困難がある優れた学生等に対し貸与されます。奨学金貸与終了後は、返還の義務が生じ、毎月 決められた金額を返還していただくことになります。申込の際は、家庭の経済状況やあなたの人生、生活設計に基づき、十分考慮のうえ申込みをしてください。
詳しくは、入学後に学務課に直接お問い合わせください。(学務課:0562-44-1374)

学 年 説明会 申込
締切
種 別 貸与月額
(希望選択)
貸与始期 貸与期間
1年次 4月上旬 4月下旬 第一種奨学金
(無利子)
30,000円または
大 学

  自 宅 生 :54,000円
 自宅外生:64,000円

短 大

  自 宅 生 :53,000円
 自宅外生:60,000円

4月 採用時から
最短修業年限
第二種奨学金
(有利子)
30,000円、50,000円
80,000円、100,000円
120,000円

4月から
9月で選択

2.審査基準

学力基準
1 年 次 第一種 高等学校の評定平均値3.5以上の人
第二種 出身学校における学業成績が平均水準以上の人
2年次以上 第一種 大学における学業成績が上位1/3以内の人
第二種 大学における学業成績が平均水準以上の人
家計基準

家計の基準額は、世帯人数によって異なります。本人の父母またはこれに代って家計を支えている人(主たる家計支持者一人)の収入金額が選考の対象になりますが、4人世帯の所得額の目安はおよそ次のとおりです。

大学 自宅通学 自宅外通学
給与所得者 給与以外の所得者 給与所得者 給与以外の所得者
第一種(無利子) 824万円 392万円 871万円 439万円
第二種(有利子) 1,167万円 735万円 1,214万円 782万円
短大 自宅通学 自宅外通学
給与所得者 給与以外の所得者 給与所得者 給与以外の所得者
第一種(無利子) 807万円 375万円 854万円 422万円
第二種(有利子) 1,150万円 718万円 1,197万円 765万円

給与所得者・・・源泉徴収票の支払い金額(税込) 給与以外の所得者・・・確定申告等の所得金額(税込)

(注)学力と家計の基準を充たしていても、その年度の予算の範囲内で採用を行うため、採用されないこと
  があります。

3.返還方法

第一種奨学金(無利子) ※返還予定総額は貸与総額と同じ金額になります。

大学4年間貸与 貸与月額 貸与総額 返還月額 返還回数(年数)
自宅・自宅外 30,000円 1,440千円 9,230円 156回(13年)
自  宅 54,000円 2,592千円 14,400円 180回(15年)
自 宅 外 64,000円 3,072千円 14,222円 216回(18年)
短大2年間貸与 貸与月額 貸与総額 返還月額 返還回数(年数)
自宅・自宅外 30,000円 720千円 6,666円 108回(9年)
自  宅 53,000円 1,272千円 8,833円 144回(12年)
自 宅 外 60,000円 1,440千円 9,230円 156回(13年)

第二種奨学金(有利子)

大学4年間貸与月額 貸与総額 返還予定総額 返還月額 返還回数(年数)
30,000円 144万円 1,761,917円 11,293円 156回(13年)
50,000円 240万円 3,018,568円 16,769円 180回(15年)
80,000円 384万円 5,167,586円 21,531円 240回(20年)
100,000円 480万円 6,459,510円 26,914円 240回(20年)
120,000円 576万円 7,751,445円 32,297円 240回(20年)
短大2年間貸与月額 貸与総額 返還予定総額 返還月額 返還回数(年数)
30,000円 72万円 833,004円 7,713円 108回(9年)
50,000円 120万円 1,448,002円 10,055円 144回(12年)
80,000円 192万円 2,349,227円 15,059円 156回(13年)
100,000円 240万円 3,018,568円 16,769円 180回(15年)
120,000円 288万円 3,672,102円 19,125円 192回(16年)

【第二種奨学金の利息と利率】

  1. 年利率は、平均利率実績3%で貸与されたものとして計算しています。
  2. 在学中または返還猶予が認められている期間は、無利息です。
  3. 独立行政法人日本学生支援機構法施行令その他の規定により年3%を上限として定められます。

貸与月額の利率は、奨学金の交付を受けた月(振込口座に振り込まれた月)ごとの利率を加重平均した利率となります。

4.その他

◆「進学届」について(奨学金採用候補者)
大学入学前(高等学校在学中)に、「第一種奨学金採用候補者」「第二種奨学金採用候補者」として内定している人は、入学後に開催する説明会に出席してください。「大学等奨学生採用候補者決定通知」と交換にインターネットによる「進学届」入力用のID・パスワードをお渡ししますので、指定する期日までに正しく入力を完了してください。期日までに「進学届」を提出(入力)しない場合は、奨学生として採用されませんので注意してください。
また、「大学等奨学生採用候補者決定通知」に入学時特別増額貸与奨学金採用候補者(申告必要)の記載がある方は、「国民生活金融公庫の教育ローンを利用できなかったことについて(申告)」に関する書類も併せて提出してください。初回振込は5月中旬の予定です。

◆「在学届」について(返還猶予希望者)
高等学校在学中に、日本学生支援機構奨学金を貸与され、既に奨学金返還手続きが完了している方は、入学後直ちに「在学届」を提出してください。「在学届」を提出することにより、大学最短卒業期まで奨学金の返還が猶予されます。

「国の教育ローン(日本政策金融公庫)
<旧 国民生活金融公庫>」

「国の教育ローン」は、高等学校・短期大学・専修学校・各種学校および外国の高等学校・大学等に入学(在籍)する学生を対象とした、日本政策金融公庫が取り扱う公的な教育資金融資制度です。
融資のための条件や対象学校および融資金額等の融資概要については日本政策金融公庫のホームページ等でご確認ください。
融資をご希望される場合は、早めにご確認されることをお勧めします。

ご融資額:300万円以内
ご返済期間:15年以内
元金据置期間:在学期間内

<日本政策金融公庫>
【ホームページ】 https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/ippan.html
【お問い合わせ】 0570-008656 ※一部ご利用できない電話もございます。

その他奨学金制度

その他、各都道府県・市町村および民間育英団体等が取り扱う奨学金制度もあります。詳しくは、各都道府県・市町村の当該教育委員会もしくは学務課へお問い合わせください。
(学務課:0562-44-1374)