東海地区で唯一体育を専門的に学べる短大

HOME >見つけるキーワード >東海地区で唯一体育を専門的に学べる短大

インストラクターから介護まで、
一人ひとりに合った運動・スポーツ指導者を養成

はじめに ~インストラクターとは?

 多くの方が健康を意識し運動やスポーツに親しむ人が増え、施設では、アスレチッククラブ、エアロビクススタジオ、スイミングスクールをはじめスポーツクラブが急増しています。  しかし、人口が増えるに従い、ケガや事故、トラブル等も増加しています。
 このようなケガや事故を未然に防ぎ、利用者が、楽しく安全に体力作りができるよう指導する運動・スポーツの専門家が必要とされています。
 スポーツインストラクターは、このような施設で職業として、一人ひとりの利用者に合った運動メニューを作成したり、実際の運動を指導する仕事です。  利用者の体力に合わせた指導をするために、運動の効果やからだのしくみに関する医学的な知識も必要になります。  ”スポーツが上手くできる”より、利用者側の状況をよく理解し、上手く教えられるかが重要になります。

スポーツトレーナーとは?

 練習時、試合時を問わず選手の体調を管理し、目的に合ったトレーニングメニューの作成などを行うのがスポーツトレーナー。
 トレーニングによるケガを防止するためのテーピングやマッサージなども施します。選手が大きなケガをした場合は治療後のケアも担当します。
 身体のしくみや栄養に関する知識が必要なのはもちろん、選手との信頼関係を築くことも重要。

アスレティックトレーナーとは?

 アスレティックトレーナーとは、スポーツトレーナーを細分化したもので、スポーツの現場で医師の活動を助け、選手の健康管理やケガの予防、受傷者の競技復帰をスポーツドクターおよびコーチと連携しながら担当する専門家としてスタートしました。
 スポーツ科学の見地から心身のコンディショニングに応じたトレーニング法を指導することもあります。
 現在では、アスリートのパフォーマンス発揮を医学的な立場からサポートするスペシャリストとしての役割も注目されています。
 このような、総合的なスポーツ医学・科学の知識と高度な技術をもつアスレティックトレーナーの役割は重要で、その必要性は急速に高まってきています。

さらに詳しく知りたい人は学科ページ