入学時の期待と不安



保育園に通っていた頃、いつも笑顔でやさしい保育士さんが大好きでした。 さらに、中学では保育園で職場体験をしたり、高校でこどもと触れ合う機会を持ったりする中で、「保育士になりたい」という気持ちが高まっていきました。 また、私は運動が好きで、小学校1年生から大学までソフトボールを続けていたことから、「こどもたちに体を動かす楽しさを教えたい」という夢がありました。 だから、こどもの教育とスポーツ、どちらにも打ち込める至学館大学の環境に、大きな期待を持って入学しました。 唯一、不安だったのは、ピアノがほとんど弾けないことでした。




成長を実感した体験



保育士をめざすうえで、ピアノは避けて通れない大きな課題。 まったく自信がなかった私ですが、「こどもと音楽Ⅰ~Ⅲ」の授業では、先生とマンツーマンでレッスンが受けられるため、少しずつ苦手意識はなくなっていきました。 また、音楽実習室は空き時間も自由に使えるので、ほぼ毎日自主練習にも取り組みました。 さらに授業では、こどもに歌ってあげることを想定し、他の学生を相手にピアノと歌を実演する機会もありました。 かなり緊張しましたが、数々の貴重な機会を設けてもらったことでプレッシャーにも強くなり、採用試験の実技を乗り切ることができました。




社会人に向けての抱負



保育士が担っているのは、こどもの成長の土台を築き、それを育むこと。 今のこどもたちは外遊びの機会が少なく運動不足ぎみで、運動能力が落ちていることが問題になっています。 ですから、「幼児体育指導法」などの授業で実践したことをヒントに、こどもが思わず体を動かしたくなるような遊びや運動を紹介したいです。 また、こどもはもちろん、保護者に対しても話しやすい存在でありたいです。 さまざまな人とのコミュニケーションを大切にし、信頼される保育士をめざしたいと思います。




大学生活を振り返って



この4年間は本当に楽しく充実したものでした。 入部したソフトボール部は「1部昇格」を目標にしていたため、練習漬けの毎日でした。 ただ、あまりのハードさに音を上げる部員も現れ、副キャプテンとなった私もチームをまとめるのに悩みました。 そこで、バーベキューなどの交流イベントを企画し、私は粘り強く部員一人ひとりの気持ちに寄り添おうと努めた結果、チームの絆は固くなり、ついに1部昇格を果たすことができたのです。 他にも、ボランティア活動を通じて、地元のこどもたちや高齢者の方々と交流したことも、将来につながる貴重な体験でした。 大学生活を通じて、自分で考えて行動する自立の精神、そして責任感も養われたと感じています。