健康科学部 体育科学科(仮称)

HOME学部・学科紹介 >健康科学部 体育科学科(仮称)

※2022年4月設置構想中。内容は予定であり変更となる場合があります。

アスリート養成・指導およびコンディショニングを科学的にサポートするスペシャリストへ

体育・スポーツ × 健康

体育科学科では、アスリートをめざす人たちの体育・スポーツ活動を科学的・効果的に実践するために必要な専門知識・技能を身につけます。
また、本学では学生アスリートのためのサポートシステムを導入しており、競技者と指導者が共に競技力向上を追究し、実践力を身につけます。
トレーナーの資格取得課程や各種スポーツの指導者のほか、中学校や高等学校教諭(保健体育)免許状取得もできます。

強み

  1. 2種類のトレーナー資格課程で専門力を高める
    スポーツ障がいの予防・処置・リハビリ等の身体ケアを目的としたアスレティックトレーナー(日本スポーツ協会公認)と、スポーツ選手の安全・安心を確保し効果的なトレーニングを行うためのスポーツトレーナー(全国体育スポーツ系大学協議会認定)の2種類の資格課程を開設します。
  2. 高い競技レベルのアスリートやコーチングスタッフ等をめざす人をサポート
    競技スポーツをより高度にするための豊富な指導法を解説し、選手自らの競技力の向上と指導に生かすさまざまな方法をを学びます。将来、トップアスリートやプロをめざす人、あるいはその指導をするコーチングスタッフ等をめざす人のための専門知識・技術、実践力の育成をサポートします。
  3. 中学や高校で必要とされる体育・スポーツの指導力を身につける
    こどものスポーツ活動は、学校体育における経験が少なからず影響し、その後のクラブチームや部活動での専門的なスポーツ活動へと発展します。専門的なスポーツ活動では身体的・精神的な負担が大きくなる傾向があるため、保健体育科教員としてサポートするための専門知識・技能と実践力を育成します。

学び

進路に合わせて選べる3コースを設置

体育科学科では、アスレティックトレーナーや各種スポーツ指導者、保健体育科教員をめざす進路に合わせた3つのコースを設置しています。

  • トレーナーコース
    競技スポーツ活動において、記録や成績を向上させていくためには身体ケアやコンディショニングが大切であり、その専門知識と対処法を身につけるためのコースです。
  • 競技スポーツコース
    競技スポーツ活動はストレスレベルが高く、やり過ぎは心身の健全な活動を阻害してしまいます。トップアスリートを育成するための知識や指導法を身につけた指導者を養成するコースです。
  • スポーツ教育コース
    保健体育科教員や部活動の指導者として、心身の発育・発達や技術レベルに合わせた安全・安心に配慮した競技スポーツ活動に関する専門知識や指導法を身につけるためのコースです。
  • 体力やスポーツ技術を高めるためのトレーニング法やコンディショニング法を修得
  • トレーナー実習とスポーツ指導を主軸として、各種のスポーツ活動や指導法に関する専門知識を修得
  • 競技スポーツ活動を安全・安心に行い、ケガや病気に対処できる専門知識や技能を修得
  • スポーツ技能を高め、スポーツ指導時におけるデモンストレーション能力を育成
  • こどもの発育・発達に関する専門知識を理解し、健全なスポーツ活動をサポートできる専門知識と技能を修得

取得可能な資格[受験資格含む]

  • アスレティックトレーナー
  • スポーツトレーナー
  • トレーニング指導者
  • 各種スポーツ指導者
  • 中学校教諭1種免許状(保健体育)
  • 高等学校教諭1種免許状(保健体育)

さらに詳しく知りたい人は資格のページ


※履修に際して条件および学内選考等があります。

想定される進路

アスリート養成のための競技スポーツ指導を実践

 スポーツチームの指導者・トレーナー

競技スポーツを実践

 プロスポーツ選手

運動・スポーツ指導を実践

 スポーツジム等のインストラクター、スポーツ指導者 など

スポーツ科学に関する実践的なサポート

 スポーツ関連企業、スポーツ施設や地域スポーツクラブの管理運営スタッフ、一般企業 など

体育・スポーツ科学を専門的に追究した教育を実践

 中学校・高等学校・専門学校などの教育機関

体育・スポーツ科学についての専門的知識をより深く追求

 大学院への進学など

 


さらに詳しく知りたい人は進路のページ

このページのトップへ

HOME | お問い合わせ