想定される進路

HOME >見つけるキーワード >想定される進路

大学卒業後の進路を考えて、
学部・学科を選ぶことはとても大事なことです

体育教師を目指す

学校体育系

 学校体育とは、「学校における教育の保健・体育分野」を指します。主に学校教育の場で指導力を発揮できるための理論や実践法を学び、運動・スポーツを楽しみながら心身の健康を向上させる指導員や、教育現場で活躍できる保健体育教員を育成します。教育現場では、あらゆる状況に臨機応変に対応し、効果的な指導を行うことが求められるため、ティーチングスキルを養います。

保育士・幼稚園教諭を目指す

幼児・教育系

 幼児・教育系とは、こどもの成長を複合的な角度から捉え、分析し、こどもとこどもとを取り巻く環境を幅広い視点から研究する学問です。こどもの心身の発達と、家族・社会・教育・文化などとのかかわりの側面から研究することから「人間科学」のひとつとしても位置づけられています。

管理栄養士、栄養士を目指す

栄養学系

 管理栄養士は、健康保持・増進するため、「食」を通して人々に支援するための方法を総合的に学ぶ分野です。実験・実習等では、食品の成分や保存方法などに関する「食品学」、栄養素や人の健康に関する「栄養学」、食品の特性や調理の技術に関する「調理学」など専門知識など広く学びます。管理栄養士は、メタボリックシンドロームや生活習慣病を改善する為の指導者として注目され、需要が高まっています。

スポーツ選手に必要な栄養指導者を目指す

スポーツ栄養学系

 健康保持・増進のための栄養学に加え、スポーツ選手への栄養指導の分野です。トレーニングに加え、栄養摂取もスポーツ競技力向上のために重視されており、スポーツ選手の食事調査や、カロリー・栄養バランスを考えた適切なアドバイスや、パフォーマンス向上、疲労回復法を研究します。

食育の指導者を目指す

食育系

 食育とは、「食材」を選ぶ力、「食事」を作る力を身につける分野です。「食材」をバランスよく食べる単なる栄養教育ではなく、食に対する心構えや伝統的な食文化を学ぶ総合的な教育のことです。

健康づくりや体力づくりの指導者を目指す

健康運動インストラクター系

 健康運動インストラクターとは、病院や老人福祉施設などで、健康づくりのための運動指導を行います。医学や運動生理学の知識に基づき、身体機能を向上させるための運動プログラムを立案・指導を行います。高齢者など、運動不足になりがちな人の健康水準を維持し、動脈硬化や心筋梗塞といった生活習慣病を予防するサポーター役を担います。

メディカルコンディショニングのプロを目指す

アスレティックトレーナー系

 アスレティックトレーナーとは、スポーツ選手の健康管理、ケガの予防、スポーツ外傷、障害の応急処置や体力トレーニング、コンディショニング等を担当する分野です。各種スポーツの競技レベルが高度化し、トップレベルのスポーツ選手のパフォーマンス向上には、専門科がチームを組んでスポーツ選手をサポートする事が重要になっています。そのためにメディカルコンディショニングをサポートする人材が求められ、各種スポーツ理論、医学的知識はもちろんこと、トレーナーとしての専門知識・技術を習得します。

運動・スポーツの実技指導者を目指す

スポーツインストラクター系

 スポーツインストラクターとは、健康のための体作りから、プロまでさまざまな年齢の人やレベルの人に運動・スポーツの実技を中心に指導を行います。そのため、その人の技術やレベルに合った指導ができる専門家としての役割が求められます。競技者としてのスポーツの実践と指導者としての理論を学びます。また、具体的な方法論の習得と同時に、コンディショニングの基礎も学び、種目を問わず共有できる方法と競技特性を考えた手法も学びます。
  • 健康科学部 健康スポーツ科学科
      ・・・各種スポーツ指導者(受験資格)、健康運動指導士(受験資格)、健康運動実践指導者(受験資格)
  • 短期大学部 体育学科
      ・・・各種スポーツ指導者(受験資格)、健康運動実践指導者(受験資格)
         アクアフィットネスインストラクター[C級・B級](受験資格)
         エアロビックダンスエクササイズインストラクター(実技試験免除資格)

健康運動の指導者を目指す

社会体育・生涯スポーツ系

 社会体育・生涯スポーツとは、児童・生徒に限らず、社会の構成員全員(高齢者や障害者も含む)へのスポーツ・体育のことです。現在では、スポーツも多様化し、ニーズに応じてどのようなスポーツ・体育の指導が望ましいかなどの学習を中心に、それぞれに対応できる指導者を養成することを目的とします。生涯教育、社会教育、野外教育、レクリエーション、障害者教育など対象者への指導法について体験学習を多く取り入れ学習します。

スポーツに精通したビジネスマンを目指す

スポーツビジネス・マネジメント系

 スポーツビジネス・マネジメントとは、スポーツに関するビジネスシーンをマネジメントする専門家を養成することを目的とします。スポーツを顧客のニーズに合わせたサービスであると捉え、スポーツ分野の経営学、マーケティング、メディア等に関する分野です。インターンシップも盛んで、プロスポーツ、企業スポーツ、行政のスポーツ部署など、多岐にわたる中から自ら興味のある分野を選べます。卒業生は、企業、競技団体、マスコミなど幅広い業界で活躍しています。

こどもやファミリーに精通したビジネスマンを目指す

メーカー系

 直接こども相手ということではなく、こどもに教えることの意味や心理を学んだ経験を活かした進路。 玩具メーカー、児童図書出版関係、こども服やキャラクターグッズ、テーマパークなど、こどもやファミリー関連企業への就職があります。その他、一般企業の人事関連の研修業務分野などに進む人もいます。

食品に精通した開発者を目指す

食品科学系

 食品開発は、食品のもつ生体調節、健康増進、栄養に関する専門知識を学び、「食品」の安全や安心を見守る品質や衛生管理する分野。「食」のスペシャリストとして幅広い分野で活躍できる人材を育成します。